タグ:ブランディング ( 6 ) タグの人気記事

WG&Aのサイトが出来ました

d0181344_12491851.jpg



















ぼくらの会社、
Wグラフィックス&アーツ(WG&A)のサイトが、出来上がりました!
自分のことなのに、あるいは自分のことだから?まとめるのに
時間がかかりましたが、やっと、かたちに。
グラフィックデザインを中心にした自分たちの業務全体を、
じっくり、みていただけると思います。

ただ、主なコンテンツのうち
「渡辺美香子の世界」は従来のままで、
2001年(!)につくった形なのですが、それも、
いまリニューアル構想が進行中。

そういった意味では未完成なサイト、
だけど、動きつづける限り、完成、はないのかもしれない。

まだまだ進化中、がんばっていきます。


WG&Aサイト



by ichirographics | 2018-02-19 12:52 | デザイン業務

芳精堂、伝統のかたち

d0181344_11510411.jpg


















天保三年創業、芳精堂の懸垂幕を新しくデザインしました。

僕が子どもの頃は祖父と祖母が経営する結納・人形の芳精堂。
笹竜胆の紋が掲げられた店の間の奥では
何人もの職人さんが曲げ物の木工作業をしていて、
二階に上がってもヒノキの匂いが漂っていました。
叔父叔母たちが守った家業を、
その息子の代、僕の二まわり年下の従弟が引き継いで、
改革しようとがんばっています。

芳精堂ホームページでは
「天保参年(1832年)創業以来、
曲げ物を継承してきた、江戸期から存続するものとしては
大阪で唯一、現存するお店です・・・
伝統のかたちに
あらたな良いものも取り入れながら
心のこもった製品づくりに
日々精進しています。」
というふうに書きました。

看板だとかを叔父に頼まれ始めたのは僕が美術学校を出た頃だから、
少しずつ、長い年月にわたってすすむ、
とても息の長いブランディング・デザインの仕事です。

ひな人形や五月人形のセット、節句の飾り。
従弟が打ち出し、叔父が仕上げるかたちは
伝統を踏まえたうえで、斬新です。

芳精堂サイト http://www.houseido.com

d0181344_11530235.jpg































by ichirographics | 2017-06-15 11:55 | 伝える

生まれました

d0181344_19422528.jpg

先日、出来たてを、いただいていたのでした…。
BODY WORKにコンセプトシートを出品した sur mesure DESAKI のラベル。
年末に向かうもろもろで余裕がなくて(ふう、)やっといまひとつ一段落、
じわっと、実物を手に、仕上がりをさわって、味わってます。

ラベル(織りネーム)は、繊維商社のデザイン部に勤めていた20代前半の頃、
よく版下を作ったりしていました。思えばそれ以来でしょうか。

でもその頃の僕には悪いけど、(いや悪くはないか?)
今回の思い入れと練り上げは、ちょっと格別。
このブランディングデザインの核として位置づけていたのが
この織りネームなので。

金、のなかでも渋めの金糸をつかった、平織りのラベル・・・
やっぱり「現物」はいいなあ。

ひとつ、ひそかに思っていたのは、
出来あがったばかりなのに
昔から代々あるみたい

・・・そういう自然な感じで

いま、生まれました。うれしいです。
クライアントのデサキ様に喜んでいただけたのがまず、うれしいです。
ブランディングとしては、これでまず第一歩、です。いい感じで踏み出せました。

そして20歳過ぎのぼくも、うれしいでしょう。というのも
いまの僕は、20歳過ぎの僕と続いている僕なので。うれしさも格別です。

すごくへんな書き方だな。
でもちょっと、そんなふうに、うれしいです。

by ichirographics | 2011-12-20 19:44 | つながる

BODY WORK展

d0181344_1402185.jpg

展覧会の情報が続いています。

僕も参加しているBODY WORK展が始まります。
「作者とデザインの関係をもっとも明快に表わした、
今年1年の間に制作された仕事1点と、本人の解説で構成された」
JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)大阪地区会員による展覧会です。

・・・・・・・・・・・・
BODY WORK 6:11月28日[月]~12月8日[木] 9:00~17:00(最終日は15:00まで)
会場:平和紙業PAPER VOICE 土日休館 入場無料
542-0081 大阪市中央区南船場2-3-23 tel.06-6262-0902
◎HEAD WORK(トークショー)+パーティー:12/2[金] 18:30~21:00
詳しくは http://osaka.jagda.org/bodywork/index.html

d0181344_1415024.jpg

僕は紋章的なアプローチに取り組んだシンボルマークを出品しています。
進行中のブランディングの仕事です。

先週末、設営には参加しましたが、全作品を見れていませんので
また、あらためて、他のメンバーの仕事をじっくり、見に行こうと思います。
事務所からは近いので、期間中、折があれば何度か行くつもりです。

会場のPAPER VOICE は、地下鉄長堀橋から2分ほど、
あるいは心斎橋の北側出口からだと東へ、徒歩10分前後です。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

で、会場でもし「作者らしいな」と思う人がいたら、
できたら、声をかけることをおすすめします。
そこに展示されているのは、デザインする行為の、ひとつの結果だったり
あるいは刹那的なイメージ、と、あくまで行為の過程だったりします。
それだけでは少しのことしか、わからない。
各人が解説を書いたカードが添付されていて、それも参考になるでしょうが
本人が、うまく喋ってくれるか、それはわからないけど
それでも、本人の説明にまさることばはないです。

作品を静かにじっくり鑑賞する、美術展や、あるいは
用途がすんだあとのポスター展とはちがう、
進行形のグラフィックデザインの展示のいいところです。

なお12/2(金)のトークショウとパーティは、僕は残念ながら欠席ですが
「デザインを愛する人なら誰でも参加できます」とのことです。

by ichirographics | 2011-11-27 14:07 | 展覧会

伝統

d0181344_20343952.jpg

印象的な場で去秋、知り合った方から、その方の営んでおられる事業所の、
ブランドロゴタイプ制作の依頼をいただいた。

大正3年創業、依頼主の祖父の代から、綿々と引き継がれてきた家業。
その事業史は、日本の産業、文化の西欧化の歴史でもあることを
その方の口から直接、伺って、知る。

そして依頼主は、事業の、すなわち家族の、歴史が凝縮された
家族のアルバムを、見せてくださった。
始まりは初代、お祖父様、そして軍隊を体験された二代目、お父様。
そして三代目。依頼主はぼくとほぼ同世代。

一枚、一枚の貴重な写真。
おろそかには見ることができない。
印刷物ではない、血のかよった事業沿革だ。

それを目に焼き付ける。頭に沁みこむように。
セピアの写真から、時代の色も感じとりたいと思う。
できれば匂いも、事業にかかわった人の情熱や想いも、感じたいと思う。
そしてブランドの未来へかける想いも、共有したいと思う。


そこから、ぼくの仕事がはじまる。

by ichirographics | 2011-07-22 20:35 | つながる

ホームページを

d0181344_18404675.jpg


渡辺一郎事務所のホームページを更新しました。
近作の仕事の追加や入選・授賞ページ、それから
絆プロジェクトへの参加についてのページの新設など、久しぶりの更新です。

思えば初めて、事務所のサイトをつくったのは1998年。
少しずつ、構成を変えたり、手を入れていますが、
最近はなかなか改造する余裕なく来ています。
そろそろリニューアルしないと。

自分のことだからどうしても後回しに、というのも改善したい…
近い将来、大幅に手を入れるというよりは、根本的につくり変えて
もっと使いやすい形にしようと思っています。

とりあえず当面は、基本情報はいまのホームページ。
その時々のことはこのブログで更新をしていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

CI、ブランディングデザインを中心に、
クオリティの高い、ビジュアルイメージの創造と確立をつうじて、
すぐれたコミュニケーションづくりをサポートします。

マーク、ロゴ、ポスターからカタログ・パンフレット等
コミュニケーションツール制作、ブックデザインまで。
良質なデザインは渡辺一郎事務所まで、ご用命ください。


渡辺一郎事務所HP http://www.h3.dion.ne.jp/~ichiro/

by ichirographics | 2011-05-15 18:44 | 伝える