綿々と

d0181344_227405.jpg

天満橋。高名なイラストレーター、KN氏のアトリエに伺う。
用件をすませたあと、クロッキーの話に。
現場で、いつでもまっすぐ対象に向き合う「真剣勝負やで」。
それは理論で、修練で、はじまり。
僕がふだん、描くことから遠ざかっていて、そこが痛い。
多彩な画業の中心に、いつでもクロッキーがある、と。
画帖をいくつも、見せていただく。線の息づかい。
修練とだけいうと片手落ちだ。生命がほとばしる、至福がある。
「50年以上前から、ずうっと描き続けてるんやで」
大先輩に、刺激を受けないわけがない。

沢山のものを得た思いで辞去、近くの今泉版画工房へ。

いつも熱心に、ほんとうに熱心に働く今泉さんの周りにはいつも若い作家たちが。
今日、岩谷さんと河田さん、ふたりともシルクスクリーン版画の制作だ。
河田さん、夜勤もある変則シフトの合間にいまだっ、と絵を描くんだって。
たのしい個展の葉書をいただいた。
(写真の葉書です。左はケーキ。何だかわかりにくい写真で申し訳ない)

河田潤一展
4.29(金)~5.29(日)11:30~22:00(日曜は13:00~21:00)
*GW5.1~5休業、月曜・第一土曜・第一日曜定休。
会場:リトル・ガネーシュ(カレーとチャイのお店だそう)
http://lganesh.exblog.jp/
西宮市江上町6-5(阪神西宮駅から札場筋を北へ、JR線路をくぐってすぐ、
ラーメンどんを右折2ブロック目)

岩谷さんにはムカデの絵の名刺をもらいびっくり。
小休止の時間にあたったのだか、お茶と、おいしいケーキをいただく。

工房からさらに少し南下、知り合いのプランナーの事務所へ。
新しい事務所はインテリアの色調もととのい、片付くのがたのしみ。
データを渡し、本や映画、メディアをめぐるいろんな話。いろんな確認。発見。

今日の午後はめずらしく人との話がつづいて、楽しく、事務所に戻ると日暮れ。

連絡が。一件はけさ送った原稿の修整、要すぐ。
もう一件は来週火曜出しの予定が変更、前倒しで明日出しに。えっ
その影響でいろいろ前倒しになり
今日はJagdaデザインカフェの日なのが、そのあとのリアルカフェも、行けず。

と、だけど、得たものが多いので、とほほとは思わない。
よくある連休前の午後。ではなく今日しかない特別な天満橋の午後。
[PR]

by ichirographics | 2011-04-27 02:34 | つながる

<< ふたつの消失点 色鉛筆画展、福山で >>