「ほっ」と。キャンペーン

タグ:映画 ( 2 ) タグの人気記事

おじいちゃんの映画、叔父叔母の映画

d0181344_1144312.jpg

実家から妹とふたり、川に沿ってすこし歩いて美術館へ。
すっかり夏。振り向けば甲山に入道雲。
見たのは古い映画のポスター展。

「華やかなサイレント映画は幕を閉じ、時代はトーキーへ…」という
字幕ではじまる東和25周年記念の古いフィルムがビデオ上映されている。
ドイツ・ウーファ社の「制服の処女」「ジークフリート」「会議は踊る」、
フランス映画は「女だけの都」「自由を我等に」…
出てくる1930年代からのヨーロッパ映画は、おじいちゃんの世代のもの。
ぼくらはおなじみ「ペペ・ル・モコ」でようやく
---パパがしびれたシーン。

展示されているのは、最初期のはB3より少し大きめのポスター。
映画史に残っているようなもの以外は、聞いたことがある程度か、
もう題名にもぴんとこない、分からないもの。
だけどその頃のポスターが、とりわけ大胆で。
スタアの顔、シーン、スタッフ名、コピー、
手描き原画を、エンピツの下書き線もそのまま製版していて。
軽やかなリボンのような、タイトル処理にに工夫があって。

四六半裁を縦に二枚継いだ、細長いのは
これは劇場の入口、スチールのウインドウの横に立ってたりする
看板のようなポスターのような?

「追憶の映画ポスター展」というサブタイトルがあって
でも、実際にこれらを追憶できるのは…80代も後半?
一部ぼくらはDVDを入手はできても当時の空気はとらえようがない。
有名なものならまだしも忘れられた映画は。
それらの映画を、そしてそれらを夢中で見に行った人々の思い出を、悼む。

中・後期のものは、叔母さんたちが買っていた
「映画の友」誌にあった広告として見覚えがある。
写真じゃなくて。この、絵のタッチ。
ジェラール・フィリップの颯爽。
上の叔母さんが当時好きだったジャン・マレー。

その1950年代のポスターは、こうして時系列に沿って展示されると
どうしても古いものとくらべて、翳りが、ある。

彼のポスターが、生き生きしていたのは、フェデー、クレール、デュビビエ、
オータン=ララ、カルネらが活躍していた時代の映画。
かれらの映画は、ヌーヴェル・ヴァーグとりわけトリュフォーによって
「おじさんの映画」として揶揄・否定されて、息の根を、止められた。

そのトリュフォーの「大人は判ってくれない」のポスターが、ある。
初期のもののように大きくとった空きスペースの質感に憂愁がある。
野口久光のポスターといえば、これだ。

ジャズ、ミュージカル評論家。東和宣伝部の社員。というより野口久光。
かれの時代の快活と、輸入文化へのあこがれを、思う。

ショップで、「禁じられた遊び」と「大人は判ってくれない」の
葉書を買って帰った。


西宮市大谷記念美術館「野口久光 シネマ・グラフィックス」展
7月31日(日) まで。
[PR]

by ichirographics | 2011-06-26 11:07 | 記憶

すこし前の映画の本、あるいは暗闇でちらちらする光

d0181344_1561156.jpg

京都への何度かの行き帰り、「山田宏一 映画インタビュー集 
映画とは何か」(草思社 1988年刊)を読んでいた。
先月、天牛堺書店のたしか480円均一台で見つけたもの。

山田宏一は映画を、情緒的でなく、当時流行ってた理論的、衒学的でもなく
からだじゅうの感覚で伝える、稀有なひとで、彼の書いた本、訳した本は
この頃、とてもいいのが出ていて、次々読んでいた。
この本が出たことも当時、知っていたけど、仕事の時間が映画の時間を圧して
もうすでにあまり映画をみなくなっていたことと、部厚さ(四六判・600ページ)、
そして定価2800円、で買うのを控えたのだった。
それをいま読む。

ここに出てくる「映画のひと」は、刊行の数年前に亡くなったトリュフォーを筆頭に
ジャンヌ・モロー、コスタ=ガヴラス、淀川長治、カトリーヌ・ドヌーヴ、ミレーユ・ダルク、
和田誠、上野昂志、アニェス・ヴァルダ、羽田澄子、森崎東…などぜんぶで23人。
会話が行われたのは70年代から80年代中頃。僕がたくさんの映画を、意識して見た時期の
話題で、もちろん古いんだけど、語られたことばは古くなっていない。

ここで語られる例えば「鉄路の白薔薇」のカーマイン・コッポラ作曲版はつくられなかったし、
登場する何人かの人は、この頃が活躍のピークだったことをいまの僕らは知ってる。
でも「自分個人のことは映画に撮るべきじゃないんじゃないか、と思っている」と語る
アンジェイ・ワイダが、この27年後、彼の父親も犠牲になった「カティンの森」事件を
映画にしたことを、いま僕らは知っている。
そんな風に、いろんなことが今とつながっている。

そういえばこの本の、版元の草思社も、危機を経て現在は文芸社の傘下に。
ああ、出版界の状況。

・・・・・

ちょうど吉田喜重「戒厳令」の製作に京都で奔走するところを読んでるときが、
阪急で京都へ入ったところだった。
読むうちにいろんな、夢中だった映画のことが甦ってくる。会話がいきいきしているので。

心に残った、記録映画作家・羽田澄子のことば。
「…結局、私自身が自分に最も正直につくったものを人は見てくれるんですね。」

楽しいのは、淀川さんとの会話、僕の大好きなバスター・キートンの楽しさについて。
「…いまはもっとお客さんがお洒落になってるような気がする。これから、キートンやれますよ。」
でもそれは、どうだったんだろう、と僕は思う。

この20数年、映画は同じ話をただ大声で話すだけの方向にむかっているように思える。
想像力をかきたてるものはない。

映画は退行しているのかなあ。そう感じる僕の、この20数年、進歩はないのか。
映画に夢中だったのがつい先週で、この本を読んだのはそのつづきみたい。
新刊を読んだのと同じ、時間感覚だ。ぼくはどうなってるんだろう。

厚い本だけど、和田誠の装丁による、シンプルなパミスのカバーは
重さを感じさせず、手のなかにあたたかく、ざっくりと収まって。
素敵な、読書だった。
[PR]

by ichirographics | 2010-11-19 01:58 |