夏の宇宙

d0181344_14471227.jpg

       暑い日。
       古いビル内部の銀河はきらめく。
[PR]

# by ichirographics | 2010-07-17 14:51 | 古いビル

補修工事

d0181344_1111557.jpg

僕は古いビルが好きで、中にいると落ち着きます。
僕の事務所のビルは昭和28年築です。

一年以上前から壁の表面が割れてきて、ところどころ剥がれ落ちてきました。
ちょっとすごいと思いながら、ワイルドな味わいでいいかも、と放置していました。
昔、隣にビルを増築するまで窓だったらしいところは、たぶん同じ頃、板が貼られて
枠に囲まれた四角が少し浮き出てちょうど黒板みたいだったのですが、
それがだんだん波打ってきました。

5月に雨が続きました。
ベージュのカーペットの一部に濃い茶色のしみがあるのに気づきました。
壁から水が滲み出してきました。

屋上はシーリングしてもらい、梅雨の降雨を待って様子を見ました。
今日から補修工事です。仕事にはなりません。
大雨で大変な被害に遭われた報道を見ると、ちょっとした災難程度だと思います。

レトロって、ただボロってことだねと、一昔前レトロブームの頃
誰かが言っていて、うまいこと言うもんだと思っていました。

…壁の中から窓ガラスが出てきた!
[PR]

# by ichirographics | 2010-07-16 11:13 | 古いビル

再会

d0181344_12542328.jpg

二十一年前に、デザインでかかわった店舗の施工現場で一緒だったひとと、
それ以来はじめて、ひょんなきっかけで、会った。
彼は木工作家としての側面もあるので二度ほど、展覧会の案内状をもらったのだが、
僕はそのどちらにも行けなかった。
今までの間、ふと何かの拍子に、思わぬ人の口から彼のことをきくことがあって、
「いっぺん渡辺さんに紹介したいヤツがおるねん」と言われてきくと彼のことだったりすることもあった。
そういうことが重なって、たぶんごく近くですれ違ってもう少しで、ということも重ねて機縁が強くなってきての、再会。

僕はグラフィックで、彼はもっと現場寄りと、持ち分は違うけど大阪を拠点にした、
同年配のものつくり。久しぶりに会った彼は、現場の年月と経験をつんだ、棟梁のような風格を漂わせていた。いいオヤジに(これは僕もおなじことだ)なって、まあそれなりにあちこち、来てるけど、無精ヒゲの面構えは、笑うとナイーブな青年のままだった。

彼も僕のことを聞いていて、つながったね、と。共通の濃い知り合いも確認して
まあ大阪せまいからね。ということでビールを一杯。
二十一年たって昨日、再会して。また二十一年後に会うのか?それはないね。
会おうと思えば会えたといえばそれまで。
本当につながる自然を互いに持っているかは別だ。
熟したのか。わからないけどひとまず、会えてよかったと思う。
さあこの機縁、どうなるか。
[PR]

# by ichirographics | 2010-07-14 12:59 | つながる

反射

d0181344_11363254.jpg

雨があがった。これはいっときの晴れ間?
道路からの照りかえしが、入口のガラスを透かして。

今のうちに出かけよう。
[PR]

# by ichirographics | 2010-07-13 11:38 |

新しい名刺

d0181344_15185321.jpg

約5×9cmの小さな紙片。
初めてのひとに面と向かって手渡す紙であるだけに、
無機質な「情報」だけでない、感覚を、伝えたい気持ちをこめます。
小さなスペースであるだけに、その制作には、
意外に思われるかもしれませんが、総動員級のデザイン力を要します。
そこに凝縮されるのは来し方、世界観、これからの指向…。

久しぶりに、名刺を新しくしました。
いままで使っていたのが切れるのを機に、内容を見直し、改良も加え
結果、このビルに来た当初つくったものに近いようなシンプルなデザインに。
これからのいろんな出会いを楽しみに、心機一転、頑張れます。

はじめまして。
ブログ "ICHIRO'S GRAPHIC DAYS" 最初の記事です。
デザインのこと、日々思ったことなど、
また、事務所ホームページの "walk" コーナーを引き継いで、
歩いて見たことなど いろいろ、ぼちぼちと書いていこうと思います。
[PR]

# by ichirographics | 2010-07-12 15:20 | 伝える