<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

参加しているBODY WORK展が、始まりました

d0181344_16591578.jpg


告知が、おそくなりました。

僕も参加しているBODY WORK展が、きのうから始まっています。
「作者とデザインの関係をもっとも明快に表わした、
今年1年の間に制作された仕事1点と、本人の解説で構成された」
JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)大阪地区会員による例年の展覧会です。

・・・・・・・・・・・・
BODY WORK 7 : 11月26日[月]~12月6日[木] 9:00~17:00(最終日は15:00まで)
会場:平和紙業PAPER VOICE 土日休館 入場無料
542-0081 大阪市中央区南船場2-3-23 tel.06-6262-0902
◎ HEAD WORK(トークショー)11月30日[金] 18:30~20:00
詳しくは http://osaka.jagda.org/bodywork/
・・・・・・・・・・・・

会場のPAPER VOICE は、地下鉄長堀橋から2分ほど、
あるいは心斎橋の北側出口からだと東へ、徒歩10分前後です。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

展示されているのはB1パネルか、人によって仕事の現物。
B1というのは、大きいです。搬入するまえに事務所で撮った写真が
こんな↑感じ。(サイズ感はわかりにくいですね)
B1だからポスター、というわけでなくて「自分とデザインの関係」の表現です。
こんなことを考えて、デザインしてるんだ、と、僕はそんなふうに作りました。

で、去年書いたことを、書いておきますと:

デザインに興味があって来られて、会場でもし、「作者らしいな」と思う人がいたら、
できたら、声をかけることをおすすめします。
そこに展示されているのは、デザインする行為の、ひとつの結果だったり
あるいは刹那的なイメージ、と、あくまで行為の過程だったりします。
それだけでは少しのことしか、わからない。
各人が解説を書いたカードが添付されていて、それも参考になるでしょうが
本人が、うまく喋ってくれるか、それはわからないけど
それでも、本人の説明にまさることばはないです。

作品を静かにじっくり鑑賞する、美術展や、あるいは
用途がすんだあとのポスター展とはちがう、
進行形のグラフィックデザインの展示のいいところです。

と、いうグループ展。
僕は先週末、設営には参加しましたが、全作品を見れていませんので
また、あらためて、他のメンバーの仕事をじっくり、見に行こうと思います。
事務所からは近いので、期間中、折があれば何度か行くつもりです。
30日にトークショーがありますが、僕は都合で残念ながら行けません。

なお展示は平日9時から5時まで。土日はお休みですのでご注意を。
[PR]

by ichirographics | 2012-11-27 17:00 | 展覧会

きょうから、南港 ハイアットで渡辺美香子作品展

d0181344_2043499.jpg


同じ日に二投稿になりました。こちらはお知らせです。
きょう11/9(金)から、南港のハイアット・リージェンシー大阪で
渡辺美香子作品展がはじまります。

今年で8回目になるハイアットでの個展。12/5(水)まで、会期は約1ヶ月。
今回は、色鉛筆画作品に版画や珪藻土作品も加えた展示です。

広々とした、ホテルロビー空間での展示なので、
ゆったりと作品を見ていただけます。
ホテルへはJR大阪駅から30分ごとに無料シャトルバスも出ています。
お気軽にお越しください。



渡辺美香子作品展

大阪南港 ハイアット・リージェンシー・大阪 1Fの
ギャラリー・アット・ザ・ハイアット にて
11/9(金)~12/5(水)会期中24時間
作家在廊 11/11(日)・18(日)・26(月)・12/2(日)13:30~17:00

ホテルへのアクセスはこちら
http://osaka.regency.hyatt.jp/hyatt/hotels-osaka-regency/services/maps/index.jsp
渡辺美香子の世界 http://www.eonet.ne.jp/~mikakoworld/index.html
渡辺美香子ブログ http://ameblo.jp/immk709/
[PR]

by ichirographics | 2012-11-09 20:47 | 展覧会

服をつくる

d0181344_19465031.jpg


ジャケットをつくりました。

といっても僕がデザインして縫ったとか、紙で作ったとかではなく
北浜の シュール・ムジュール デサキ さんで仕立ててもらったのです。
ふだん、中肉中背、標準体型だから"吊り"の洋服で間に合うか、と
済ましている僕には正直、なかなか無いこと。

生地からえらぶ。裏地を、ボタンをえらぶ。
スコットランドは Robert Noble のウール。
じつは標準体型ではなくなっている、長年の背骨の歪みや
背中の肉づきの偏りも採寸・計算してもらって、丈もぴったり。
誂えのジャケット、やっぱりいいものです。

デサキさんのショップカードの文章から
抜き書きしますと:

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

最近、服を買っていませんか?

そもそも服は作るものでした。
生地を選び、デザインを決め、寸法を測り、仕立てるものでした。

デサキでは、得心いただける価格で
服を作るという喜びをご体感いただけます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ジャケットの、内ポケットの上には僕がデザインした
sur mesure DESAKI のラベル(織りネーム)。
ブランディング・デザイン、出来たなあ!・・・と思うひととき。いいものです。

こうなると、ズボンが、いやいや
だんだんと、着る人間の中身が、・・・ちゃんとしないとなあ。



シュール・ムジュール デサキ

メンズ/レディース 予約制
大阪市中央区北浜1-1-18 忠治郎ビル3F
tel 06-6231-6710
[PR]

by ichirographics | 2012-11-09 19:51 | 身体感覚