「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

土と草花と

d0181344_12474582.jpg

食器としての器は世の中になんぼでもある。
器のない家はないでしょう。
僕がつくったものを、えらんで、家に持ち帰ったひとがどう、使うか
そういう、器の向こう側を見たい。そう思ってつくるんです。

・・・そんな作り手としての思いを、お話してくれました。
(いま思い出しながら書いているので、すみません、大体の感じで
ニュアンスは違うかもしれないです。)

梅田に近い、中崎町のJR高架下にあるギャラリーイロリムラ α での
濵田啓塑 陶芸展 土と炎の器展 「夜は輝く」。

もとは兵庫の人で、神戸の震災後函館の郊外に移り住んだという
濵田啓塑さんの新作展。
ただの石ころのように見える、思いを託したマイルストーンがまず迎えてくれます。

刻まれた、手の痕跡を伝える描線。それをおそるおそるさわって
(「ああ、触ってみてね。そうせな見てるだけではわからんからね」)、
ああ、この線は土と火から生まれたもんだ・・・と感じます。
そうっとひっくり返した、まさに裏側にもまた、思いがある。
わりとうすい繊細なつくりだけど、手に沿って、あったかい。

気どらない、作者の人柄が手書きの作品プレートにもあらわれて
タイトルと作品を見比べます。滴こぼれしない自信作、って面白い。
oral, after hours と何だか気になる名も並びます。

火の粉が舞い散ったような、あるいは
ちいさな花の実のような粒々が食器やあかりに見えて。

美術家の中島麦さんとの共作もあります。
明快な色彩の陶作品が白壁に映えて(これは花器でもある)そこから
草花の生命が吹き出しそうです。

そうだ。器はそれだけじゃない、お料理やお菓子、果実、草木・・・
いのちあるものと一緒になって、身近につかっていくものだな
と、当たり前のようですが、そんなことを感じて、うれしく思います。

密度が濃かった今週の半ば、この陶芸展に行って
ここに書くのが遅くなってしまいましたが、まだ開催しています。
4/2(月)が最終日。
梅田近辺に行かれたらぜひ。
イロリムラも、ギャラリーがいくつかある面白いところで、
この陶芸展は奥でやっています。

 *   *   *   *   * 

展覧会名称:濵田啓塑 陶芸展 土と炎の器展 夜は輝く
特別展示:濵田啓塑+中島麦(美術家)による共同制作作品を展示
開催日時:2012年3月28日(水)~4月2日(月)
正午~午後8時(最終日は午後6時)
開催場所:ギャラリーイロリムラ α
〒530-0016 大阪市北区中崎1-4-15  電話:06-6376-0593
http://www.k3.dion.ne.jp/~irori-05/

詳細はこの展覧会を企画した友人のブログ http://dandysmile.blogspot.jp/
企画趣旨は http://dandysmile.blogspot.com/2012/02/blog-post_2707.html
[PR]

by ichirographics | 2012-03-31 12:51 | 展覧会

かたづいています

d0181344_21261035.jpg

そうそう、少し前に、事務所の模様変えはひと段落しました。
それから今日までに、色鉛筆画教室も隔週の週末を2度、
人数が増えた生徒さんを迎えています。

テーブルはひとつ増えたのに、使えるスペースが増えたのが不思議。
棚もこの際、とあらたに入れたのに。
かえって広くなった感じで、なんだかとてもスッキリです。
整理しなおしたモノが、収まるところに収めたということなのかな。

必要に迫られた配置変え。
そんなことで快適に、機能的になってうれしい
春です。
[PR]

by ichirographics | 2012-03-26 21:29 | 空間

ひとつの直接性が

d0181344_18573042.jpg


ぼくがたおれたら ひとつの直接性がたおれる

たおれる、は漢字だったかもしれない。
吉本隆明の、つよい言葉。
いつまでも、つよい言葉を発し続けるものだと思っていた。
そんなことはあるはずがないのに。

ぼくは高校のときに本屋でみつけて
以来、それまでのおもな著作は遡り、それ以降は追いかけるように
全部をそのつど読んでいたわけではないけれど
この人がいま、どのあたりにいるのかは、時々、確認していた。ほぼ40年。
時々、なのに、気がついたらこのひとの本を、一番多く読んでいる。

ほんとうに、追いかけるように、とはいっても、
このひとのぶっとばしはすごいスピードで
到底追いつけるものじゃないんだけれど。

ぼくのことだから論理をていねいに辿って理解しているかは疑わしくて
読んだというよりたぶん途中から、
このひとの思考の粘りや言葉の温度にただ、魅せられていた。

直接性。
昨日、それはうしなわれた。

この人がこの世界にいたということ。
それはうしなわれない。

固有の言葉の、つよさも。温度も。



・・・素敵でした!
[PR]

by ichirographics | 2012-03-17 18:59 | 身体感覚

あがいて

d0181344_204102.jpg

いつもより、集中するのに骨が折れる気がする。
きょうの午後から入口を、いったりきたり。
あと少し、というところで、なかなか入れない。

たぶん、生みの苦しみ。いわゆる・・・

いわゆる よく言う と客観することで少しはらくになるけど

こればっかりは誰に相談するわけにもいかず

・・・気分転換? いやそれはもう、やったな。


苦しむしか、ないか。

さあ、行こう。
[PR]

by ichirographics | 2012-03-14 20:06 | 身体感覚

長野でのチャリティーポスター展、開催中です

d0181344_11184927.jpg

僕が参加している展覧会のごあんないです。

11.3.11-東北支援「チャリティーポスター展」-NEXT

メッセージポスターに託した気持ちが
長野県小海町高原美術館に集まっています。

この展覧会のことは昨秋、ここに書きました
グラフィックデザイナー(JAGDA)有志によるチャリティーポスター展、
今回はその後期展示、61名約120点が集まり、僕は3点を出展しています。
僕は残念ながら美術館へはまだ、行けていません。
八ヶ岳を望む、信州松原湖高原の美しい自然に囲まれた、小じんまりとした美術館。
映像でみるととても気持ち良さそうなところです。
お近くの方、機会のある方はぜひ、ご来場ください。

 *  *  *  *  *

2012年3月11日(日)-3月20日(火)
休館日 火曜日
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

小海町高原美術館
〒384-1103 長野県南佐久郡小海町豊里5918-2
TEL.0267-93-2133 FAX.0267-91-3011
http://www.koumi-town.jp/museum/index.htm
[PR]

by ichirographics | 2012-03-12 11:33 | 展覧会