「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

36年ぶりに中へ

d0181344_493168.jpg

中之島公会堂、正式には大阪市中央公会堂。竣工は1918年。
設計の原案がコンペで決定したのが1912年。99年前。

ここのレストランへ、
公会堂の一室で来月、行われるイベントの打ち合わせに来ました。

ここは昔、貧乏学生でも入れるような質素な食堂だったと思う。
がらんとした感じは同じ。

公会堂の外観は、美術学校のときと、働き出してからも
何度かスケッチに来ました。

でも食堂の向こう、中には入ったことがない
大阪の人間としてはあまりここに縁がないな。と思ってました。

それが、打合せをしていて思い出した。

僕は10代の終わり、ここで行われた学生フェスティバルで
8ミリ映画を上映したことがあった。
撮ったフィルムのリールと、同時にかけるための
ゴールトベルク変奏曲のLP盤を持って。

それ以来初めて、ここに僕がいて、
そのときの続きのようなアイデアを、また知らずに言っていた。

じんわりやってきました。
内部の廊下を歩き、階段室を通って、感じる。
いまはライトアップされた建築を見上げて、思う。
ちょっとすごい感じ。

重みのようなものも見えてきた。匂いもわかる。

歴史とか、文化とか、また建築の重量ということではなくて。

もっと個人的なもの。古いビルに特有なものかもしれない。
それが強い。
ここの空間はなにかをつつんでいる。


じんわり感じたのは、ただ、僕はここに縁があるんだ。
ということ。

36年ぶりに、中に入ります。
[PR]

by ichirographics | 2011-07-31 04:11 | 空間

指で、じかに

d0181344_17143016.jpg


ひとつの案を詰めていって、手描きの絵が必要に。
引っぱり出したクレパスは年代物。

息を殺して描くのは、つまらない。
ゆっくり、息をしながら、色を塗る。
CGには無い、この直接性が好き。

夢中になって、できたあと
ふと、青や黄に染まった指を見て久しぶりにびっくり。

直接性とは
気づかずに、例えば耳や鼻をさわったりしないこと。
そのまま例えばハッピーターンを食べたりしないこと。
[PR]

by ichirographics | 2011-07-25 17:16 | 身体感覚

伝統

d0181344_20343952.jpg

印象的な場で去秋、知り合った方から、その方の営んでおられる事業所の、
ブランドロゴタイプ制作の依頼をいただいた。

大正3年創業、依頼主の祖父の代から、綿々と引き継がれてきた家業。
その事業史は、日本の産業、文化の西欧化の歴史でもあることを
その方の口から直接、伺って、知る。

そして依頼主は、事業の、すなわち家族の、歴史が凝縮された
家族のアルバムを、見せてくださった。
始まりは初代、お祖父様、そして軍隊を体験された二代目、お父様。
そして三代目。依頼主はぼくとほぼ同世代。

一枚、一枚の貴重な写真。
おろそかには見ることができない。
印刷物ではない、血のかよった事業沿革だ。

それを目に焼き付ける。頭に沁みこむように。
セピアの写真から、時代の色も感じとりたいと思う。
できれば匂いも、事業にかかわった人の情熱や想いも、感じたいと思う。
そしてブランドの未来へかける想いも、共有したいと思う。


そこから、ぼくの仕事がはじまる。
[PR]

by ichirographics | 2011-07-22 20:35 | つながる

東北・仙台再生みらい展

d0181344_1411229.jpg

仙台で被災した専門学校生の思いからはじまった展覧会が
7月18日から一週間の会期ではじまります。

東北電子専門学校のサイトから、開催趣旨を抜き書きします:

「・・・本校の学生も未曾有の大災害を体験し、どんな形でもいいから被災者を助ける力になればとの思いからプロジェクトを立ち上げました。
著名なデザイナーや作家の方たちから『東北』『日本復興』というテーマで作品を募集し、その作品を展示する事で元気な仙台をアピールできればと思います。
この趣旨に賛同して下さった社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員の方たちを筆頭に、プロのデザイナーから沢山の作品が集まりました。・・・」

基本的には学生たちが主体となって活動するというこのプロジェクトに、
僕もグラフィック作品2点で参加させていただきました。
大変な状況のなか、開催までこぎつけた主催者の努力を思います。

会場のエルパーク仙台も震災後の初オープンが18日(海の日)で
開催当日が祝日、これを祝いの日にしたい。とのこと。盛況を祈念します。
お近くのかたは是非、ご来場ください。

なお第二弾は、被災を体験した一般市民に、特に
心のケアが必要とされる体験をした小中学生の方々に作品の応募を
お願いする予定とのことです。


「東北・仙台再生みらい展」
●期 間/2011年7月18日(海の日)~7月24日(日)
●会 場/仙台市エルパーク仙台展示ギャラリー(141ビル)
    http://www.sendai-l.jp/whats/
●主 催/東北電子専門学校「東北・仙台再生みらい展実行委員会」
●後 援/仙台市、NHK仙台放送局、河北新報社、協力:日本赤十字社、
    社団法人 日本グラフィックデザイナー協会

東北・仙台再生みらい展実行委員会 http://www.jc-21.ac.jp/special/mirai.shtml

d0181344_1415699.jpg

[PR]

by ichirographics | 2011-07-16 14:09 | 展覧会

まんがを買いに

d0181344_17162314.jpg


行きがすずしい下り道なら

帰りはそのぶん

きついのぼり道なんだね。



やっと梅雨明けだ!
[PR]

by ichirographics | 2011-07-09 17:19 | 身体感覚

ハイアット搬入、完了!

d0181344_20574658.jpg

大阪南港、ハイアットリージェンシー大阪での
渡辺美香子色鉛筆画展。
今日の夕方、搬入から飾り付けを完了しました。

色鉛筆画の原画を中心に、珪藻土作品、
シルクスクリーン版画+コラージュのミックスメディア作品、
デジタル版画、とタイプのちがう作品を、
カフェに隣接したオープンなスペースに展示しています。

渡辺美香子展、このところそれぞれ別のタイプの個展が続いています。
毎年たいてい夏の、このハイアットの展覧会。
無事自力搬入がすむと、すこしほっとひと息、といったところ。

明日からです。が、ロビーでの終日展示なので
今日いまからでもご覧になれます。

展示場所は、ホテル1階正面入り口から入って
吹き抜け左側、フロントとは反対のバーベキュー会場への
エレベーターがある方のフロアです。
ATCなどへの遊びがてら、お立ち寄りください。

d0181344_20583197.jpg

渡辺美香子色鉛筆画展
2011/7/8(金)~20(水)
大阪南港 ギャラリー・アット・ザ・ハイアット
ハイアットリージェンシー大阪 1Fフロア 終日展示
7/10(日)16(土)17(日)午後1時30分~5時在廊
ハイアット リージェンシー 大阪
〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-13-11
http://www.hyattregencyosaka.com/access/index.html

渡辺美香子ブログ http://ameblo.jp/immk709/
渡辺美香子の世界 http://www.eonet.ne.jp/~mikakoworld/index.html
[PR]

by ichirographics | 2011-07-07 21:04 | 展覧会

色鉛筆画、高松で。梅田で…。

d0181344_1246635.jpg

渡辺美香子の色鉛筆画展が、高松・天満屋の美術画廊で
今週水曜から始まっていて、今日さっき、
大阪・難波から高速バスに乗って、天満屋に本人到着したようです。
きょう7/2(土)と明日3(日)が在廊日、
お近くのかたはぜひ、お越しください。

そして週明け7/3(日)~14(木)、
(今度は最終日が一日早まったので↑ また訂正しました)
今度は大阪梅田・紀伊國屋書店のショーウインドウで
渡辺美香子展があり、ここでの展示は14年ぶり…
今回は、版画60数点に風景と静物の色鉛筆画7点を加えて
壁一面を埋め尽くす!という他ではちょっとないタイプの作品展。
梅田近辺のかた、お出かけの方は通りすがりに、
でも、ただ気づかず通り過ぎないように、
ぜひ、見てくださいね。

d0181344_12464777.jpg


渡辺美香子ブログ http://ameblo.jp/immk709/
渡辺美香子の世界 http://www.eonet.ne.jp/~mikakoworld/index.html
[PR]

by ichirographics | 2011-07-02 12:50 | 展覧会