<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

秋空のはじまり

d0181344_85342.jpg


子供の運動会。
もらったプリントで出番、位置を確かめて、遠くに目を凝らして。
1年生はかわいくて高学年のリレーは燃えて。
見ることだけのために広いグラウンドで日中過ごす、
しかもこの地べたでシートをひろげてしゃがんで見る、というのも
ふつう他にない、やっぱり特別な日。
ふたりの子供は小学校で重なることはないので、ちょうど12年間
こうやってグラウンドで、じりじり、太陽を浴びながら
初秋の日を過ごすんだなあ、と思ったり。
あと2年なんだと、ふと思ったり。

これが真夏だったらそんな感慨どころじゃないだろうな。
見る以外なにもすることはないので、何もないときは広い空を見上げて
朝のはじまりから夕方の閉会式まで、変化していく雲を見ていた。

生まれては去っていくかたちはすっかり秋のもの。
時おり首すじを風が涼しくて生きかえる。
日焼けだけはしっかり夏の、お土産にもらった。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-27 08:09 | 記憶

豪雨のあとに

d0181344_2311767.jpg

池の対岸が霞んで見えなくなるほどだった雨もおさまり
ちょっとその辺りまで、どんなか散歩しようよ、と娘と家を出た。
散歩のつもりが自転車に乗ってしまい ところがまだ小降り
だけど走り出したので、いっそ行けるとこまで行こうか、
せっかくだから。と池の南端をすぎ 三叉路をさらに南へ、集落の道をいく。
緑は夏のままに青々と、竹藪はもこもこと盛り上がり
それが水をたっぷりとふくんで深い灰緑に沈む。

雨は降りやまず、むしろ強くなってくる。
木立の小径に入ると、さっきまで荒れる雷をうけていた、
ふるえが空気の中にまだ漂っているのを感じる。
神社の裏の坂道をのぼっていく。
濡れた参道は雨に鎮まっている。

雨が、直接あたるむき出しの腕を冷やし、あたりの空気を冷やし
夏と秋のあいだを通り過ぎる秋雨前線を追いかけるように
雨煙りの中を僕たちは走った。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-24 02:35 | 身体感覚

駅の反対側

d0181344_1275357.jpg

家の牛乳を切らした。
昨夜も帰り道にコンビニで買ったばかりなので
今日は駅の反対側のコンビニへ行ってみようと思った。

駅の階段は両側に一対、ほぼ左右対称につくられている。
反対側へ降りる階段は、いつも降りる階段と
窓と壁の関係が正反対なことにいまさらに気づいた。
降りた先が鏡像の、今までみたことがない町だったらどうしよう
と思って すこし異変を期待したが
階段を出てみると、ただの駅の向こう側の商店街だった。

満月がひかっていた。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-23 01:29 |

色鉛筆で描く 心やすらぐ世界

d0181344_15242573.jpg


明日9/22(水)から、妻の渡辺美香子の色鉛筆画展が大丸神戸店で始まります。
彼女の色鉛筆画は、7月の個展のときに少し書きましたが
油性色鉛筆、つまり小学校で使ったのとおなじタイプの
ごく普通の色鉛筆、それを何色も塗り重ねて描いていきます。

これが個展としては今年の最後になります。
神戸大丸は昨年に続けて2回目ですが、作品は総入れ替えで
新作、近作を見ていただけます。
25(土)、26(日)の2日間は本人も在廊しています。

いい感じの気候になってきた、初秋の神戸散策をかねて ぜひ、お立ち寄りください。

・・・・・

色鉛筆で描く、心やすらぐ世界
渡辺美香子 色鉛筆画展

2010年9月22日(水)~28日(火)
10:00~20:00 (最終日は ~17:00)

大丸神戸店 7階 アートギャラリー 078-331-8121(代表)

神戸大丸
〒650-0037 神戸市中央区明石町40番地 電話:078-331-8121
http://www.daimaru.co.jp/kobe/

渡辺美香子の世界 http://www.eonet.ne.jp/~mikakoworld/

ブログ:渡辺美香子の色鉛筆な日々 http://ameblo.jp/immk709/



d0181344_15245932.jpg

[PR]

by ichirographics | 2010-09-21 15:26 | 展覧会

土曜日、リズム

d0181344_16534774.jpg

事務所に仕事に出ない土曜日が二週続く。
昨日はバタバタのうちに、いろいろ重なったまま、
収拾はつかないまま、ほぼ無理矢理に片付けてきました。

こういう強制終了みたいな終わらせ方、事務所の出かたは
でも、今までにないパターン。
いつも一辺倒のリズムでなく、
はい仕事封印!はいさぎよいかも。ふいの旅気分のようで…

と、のん気では実際はおれなくて、いつか近々に、
封印は解いて凝縮してする羽目になるんだけど。
今日は、未練がましく仕事…はやめにして
自宅でしかできない色々、にいままで時間をかけました。
これから、図書館行き。

生活をちょっと変える土曜日。

週末の残りを味わおう。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-18 16:55 | 身体感覚

やっと着いた!

d0181344_10372495.jpg

さわやかな朝。いつもより早めの電車に乗ったのだが、
途中の駅で 「カドーキョーセッショクメードーにより大幅に遅れます」
とのアナウンス。お客様のご協力お願いします、と。
カドーキョー? メードー?

・・・
こんな朝もある。

足を引っぱられても、気持ちは引っぱられないよ。
負あれば勝ちあり。 そんなことわざなかったっけ。

しまっていこーっ!
[PR]

by ichirographics | 2010-09-14 10:39 | 身体感覚

ある日曜、出勤の朝

d0181344_13334550.jpg

日曜美術館・田中一村特集を見て、ゆっくりした出勤。
奄美で、画家が身を削るように描いた絵はやっぱり、何度みても強烈。
歩きながら、クワズイモとソテツの、生命のイメージを思う。

道の途中で、自転車で坂を登ってくる同級生に出会う。
休日はたいてい早朝から出て、周辺、ときには他県まで走るんだけど
今朝は早くから気温が上がり、近場で引き返してきたそう。
「まだ暑いわ。え、渡辺くんは仕事?」 うん。「がんばって」

空いた電車で仕事の構成、段取りを考えて。
電車の中は、原稿をみれないぶん、考えだけに向いてるところがあって。

駅を出て、歩きながら思う。
遠い土地へ移り住み、籠って描くこと。
休日の朝、丘をどこまでも走ること。
毎日街へ出て仕事すること。
とりとめなく、サイドミラー見るみたいに
ただ思考して。10分、歩くと汗がにじんで、額からは滴り落ちて。
扉の鍵を開けて、事務所へ。

仕事のはじまり。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-12 13:34 |

時差

d0181344_11565444.jpg

台風一過、というほどここは吹かなかったけれど
ずいぶんさわやか、と感じる朝になりました。

先週末から秋祭の支度がはじまっています。
地車、太鼓と、笛の季節。

予感はもうすぐ秋だけど、身体の奥にはまだ夏の熱。

体内に時差が。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-09 11:58 | 身体感覚

雲が流れて

d0181344_11503642.jpg

白い雲が層をなして
いちばん地面に近いほうのかたまりが滑るように流れて
先を流れていた雲を追い抜いていく。
上のほうでは綿のような雲が細くちぎれて
形がどんどん変わって。
べつの高さの雲の動きがかさなると
日陰と日なたが入れ替わる。

きのうまで、日中じりじりと汗たらしていたのが、
風が吹くことで僕も動くスピードに弾みがつくみたい
でもどこへ向かって?
正直あつさで頭がぼうっとなってたので
さわやかに駆け抜ける状況をイメージする余裕がなかった。

そういう意味で、煮詰まりを吹き飛ばしてくれる風。
でもこれは暴風を、水害をもたらす台風の前触れ
ひどいことにならないように。
少なくとも、最後に大雨が降った7月以来
異常に干上がった地方に恵みをもたらしますように


そして、さあぼくはどこへ向かっていこう。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-07 11:51 | 照応

虫の鳴く町

d0181344_111515.jpg

出演するのはフィドルとアコーディオン、そして鈴虫というコンサートがありました。
ここは伊丹。郷町界隈に、今日から9日間、鈴虫など秋の鳴く虫を随所に配置して
いろんなイベントと虫の音で、秋の夜長を楽しもうということです。
JR伊丹駅からホールへ来る途中の酒蔵通りでは、スタッフの人達が、道の両脇に
行灯を設置しているのを見ました。
クロマチック・アコーディオンのかとうかなこさん、フィドル、マンドーラ他の
大森ヒデノリさんの演奏は素晴らしいもので、それに加わるのが
ホールの天井裏や舞台、客席に鈴虫籠を設置された鈴虫約2,000匹。
伊丹アイフォニック・ホールは音響が良いのできょうはノーPA、
生楽器の音が生き生きと、そして柔らかく、きこえます。
曲が終わるとき、ゼロに向かって減衰するのでなく、鈴虫の音が残るのが面白い。
舞台とのやりとりからすると地元市民のかた、たくさん客席に来られていました。

ホールを出て、会場でたまたま会った知り合いと話しながらゆっくり歩いていくと
夜の酒蔵通りは人で賑わっています。
三軒寺前の広場にはテーブルが出て、そこを若いアコーディオニストが弾いて廻る。
いまの街並みの成り立ちはよく知らないのですが、江戸時代、酒造で栄えた伊丹郷町。
建築のデザイン、色彩は統一されて、通りも人が歩きやすいと来るたびに感心します。
大変な努力があったんだろうと思いますが、素敵な街づくりを実現しているように見えます。
イベントの賑わいも声高でなく自然で良い感じ、町の歴史を背景に文化が香るようで、
暮らしの延長で市民が参加されている、正直ちょっと、かなりうらやましい感じです。

帰り道、通りに面したお屋敷の中のどこかから、鈴虫や、コオロギの音がきこえてきました。
手づくりの行灯が夜の通りに映えています。
[PR]

by ichirographics | 2010-09-04 01:12 | 空間