最近の装丁仕事:民族音楽学12の視点

d0181344_1215672.jpg

このところ、音楽の本の装丁仕事が続いていました。
装丁もいろんなケースがあって、この本はカバーが1色or2色刷にPP加工、という仕様、本文の用紙・レイアウト等が出版社の方であらかた決まっているパターン。
僕が依頼されたのはカバー(英語だと「表紙」とおなじになってしまうので原稿のファイル名はjacketにするんだけど依然呼称はカバーですね)のデザイン案、そして方向性が決まったらそれに沿って仕上げ、表紙、本扉と章扉もデザイン、そして見返し用紙の選定。

本が出来上がって、音楽の友だちにも紹介したい内容です、と言ったら
ぜひ、ということなので、これは書名が出せる仕事。

「民族音楽学12の視点」徳丸吉彦 監修・増野亜子 編
”人間と音楽について考える「民族音楽学」の入門書。専門的な音楽の経験がなくても、音楽への知的な好奇心がある人に向けて編まれた。「民族」という語がついてはいるものの、民族音楽学は遠い異国の音楽だけを扱うものではなく、あらゆる音楽を扱う。”
15年ぶりに出る民族音楽学のテキストとあって、気鋭の若手研究者らによるさまざまな論考が編まれています。
僕としては音・声・ことば、や越境・ディアスポラ、がまず関心あったところ。

テーマが多岐に亘って、また各項で語られる論者自身の音楽との出会いがいろんな驚きにみちているので、読んでいてクラクラします。
いちおう民族音楽学という学問の教科書、でも教科書的ではない。
目次を紹介してみますね。

[本書の内容]
響きと身体
 1 音楽と身体
 2 音楽と舞踊
 3 聴こえるものと見えるもの
 4 音・声・ことば

伝承と政策
 5 伝統芸能の伝承——個人にとっての芸の伝承
 6 無形文化遺産としての音楽
 7 無形文化財と韓国の伝統音楽
社会の中の音楽
 8 マイノリティ
 9 越境・ディアスポラ
 10 ローカルとグローバル、アイデンティティ
 11 グローバル化と著作権問題

総括
 12 民族音楽学への流れ

といった内容。ご興味あるかたは、
音楽之友社サイトで「立ち読み」ができます。
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=135100

並製・B5判・192ページ
定価2,700円(本体2,500円)
株式会社 音楽之友社

d0181344_1217313.jpg

[PR]

by ichirographics | 2016-06-16 12:17 |

<< 最近の装丁仕事:アフリカ音楽の正体 白い紙の束に >>