「ほっ」と。キャンペーン

デザインのポートフォリオ

d0181344_19114866.jpg

ポートフォリオといえば、実際に持ち歩くものだった時代がかつて、ありました。
「どんな作風か、作品の見本を見たい」と言われ
検討期間を設けて預けていた作品が、しかし、どういうわけか先方で紛失されたり、
戻ってきても汚損していたり、ということが、たびたび、起きていました。

そのほとんどは僅少、あるいは1点だけの、二度と入手できない貴重なもので、
そのひとつひとつは、仮に「作品」とは言っていますが、その時々の、
クライアントと制作スタッフの努力と創意の結晶…。
紛失は、何ともやりきれない悲しいことで、そんな貴重なものを
僕自身も、安易に扱ってはいけないな、と痛感したことですが、
・・・今は昔。

現在は…随分まえからですね(笑)…
イメージを、コメントつきで、画面で見ていただけます。

と、いうことで
僕の最近の、グラフィックデザインの仕事をいくつか
デザイン関連のサイトにアップしているのでご紹介します。

ひとつは
経済産業省が、デザインによるソリューションを必要とする国内外の企業や
団体、個人を対象に、この春創設したデータベース、JAPAN DESIGNERS
グラフィックだけでなく、日本のいろんな分野のデザイナーが検索できるサイトで
さて、僕はどんなふうに検索できるのでしょう・・・ということですが、
ここには、最初から僕のページのURLを書いておきますね。
http://japan-designers.jp/profile/483/

ここは制限点数の上限で10作品を載せています。(上の写真)
なお英語バージョンは http://japan-designers.jp/en/profile/483/

もうひとつ、
これは僕が所属する JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)の
会員のプロフィールや仕事を公開しているWHO'S WHOサイト。
この中の僕のポートフォリオページ
http://whoswho.jagda.org/jp/member/1237.html


このところ、自分の事務所のホームページを作り変えることを準備していて、
しばらくの間、新しい仕事は上記のサイトにアップしていくことになりそうです。

さて、今も昔も、グラフィック・デザインは規格品ではないので、
「見本」という考えも、当てはまりません。
そのつどのテーマに、どう、取り組んだのか、という記録として
ポートフォリオを、見ていただければ、と思います。

新しい仕事、は今までにない独自なものをつくること。
白い紙から、はじめます。
[PR]

by ichirographics | 2014-06-05 19:23 | 伝える

<< 視覚のエクササイズ 本のお仕事 >>