被災地からのことばのハンカチ展

d0181344_19264837.jpg

ことし3回目になる東北復興支援プロジェクト「やさしいハンカチ展」が
1月の東京ミッドタウンにはじまって全国を巡回しています。
ぼくは2回目の参加ですが、今回は、東北の商店街で復興を支える方々の「言葉」を
デザインのモチーフにして制作したハンカチの展示・販売です。
盛岡で4/20まで展示されたあと、静岡と同時に、大阪での展示も始まります。

大阪での展示は2ヶ所で、
4月23日(水)~29日(火)10:00-20:00(金土-21:00)*最終日17時まで

阪急うめだ本店 10F うめだスーク中央街区 http://www.hankyu-dept.co.jp
そして
5月10日(土)~11日(日)10:00-20:00(最終日-18:00)

天神橋筋商店街 天三おかげ館 http://tenjin123.com/store/store_page.asp?mem_num=290&from=photo

両会場とも、全国のJAGDA会員・参加者326名分のハンカチを展示販売します。
お出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

以下開催概要です:

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

JAGDAやさしいハンカチ展 Part 3「被災地からのことばのハンカチ展」
~東北の商店街で復興を支える方々の「言葉」をハンカチにデザインしました~



公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、2014年1月より「被災地からのことばのハンカチ展」を開催します。
JAGDAは2011年より、東北復興支援プロジェクト「やさしいハンカチ展」を実施しています。
Part 1は、全国の会員デザイナーが東北の子どもたちへ励ましの気持ちを込めたハンカチをデザインし、全国で展示・販売。その収益で、7,332枚のハンカチを岩手・宮城・福島の小中学生にプレゼントしました。Part 2では、同3県の小学生232名による絵をもとに会員がハンカチをデザイン。収益を4つの参加小学校へお届けし、鼓笛隊の復活や防災緑地の看板づくりなど、地域や学校、家族のために役立てる使い道を子どもたち自身が考えました。

今回は、岩手・宮城・福島の復興商店街に関わる方々よりお寄せ頂いた「ことば」を、会員デザイナーがハンカチにしました。それぞれの商店街では、店を失った店主たちや地元出身の若者、移住者やNPOスタッフなど、様々な方が集まり、町のにぎわいや地域のつながりを取り戻すべく尽力されています。会場では「ことば」のエピソードなども併せて展示し、収益は、各商店街にお届けします。
震災から3年、本展が改めて被災地へと想いを寄せるきっかけとなることを願っています。

●2014年4月以降の巡回予定:

盛岡
4月12日(土)~20日(日)
Cyg art gallery

静岡
4月23日(水)~29日(火)10:00-19:30(最終日-1600)
ミライエ呉服町 1F 伊勢丹ギャラリ-2



大阪
4月23日(水)~29日(火)10:00-20:00(金土-21:00)
阪急うめだ本店 10F うめだスーク中央街区


横浜
4月29日(火)~5月5日(月)11:00-19:00
ヨコハマ創造都市センター3F



八戸
5月9日(金)~11日(日)9:00-21:00(最終日-19:00)
八戸ポータルミュージアム はっち 1F はっちひろば



仙台
5月10日(土)~11日(日)10:00-21:00
SELVA 2F センターコート



大阪
5月10日(土)~11日(日)10:00-20:00(最終日-18:00)
天神橋筋商店街 天三おかげ館



広島
6月14日(土)~29日(日)10:30-19:30(最終日-16:00)
被爆建物 旧日本銀行広島支店(広島市指定重要文化財)※即売なし

●特設ウェブサイト:http://handkerchiefs3.jagda.or.jp/



●JAGDAとは
JAGDAは、約2,900名の会員数を誇るアジア最大級のデザイン団体です。年鑑の発行、展覧会やシンポジウムの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、日本のグラフィックデザインの発展とコミュニケーション環境の質的向上のために、さまざまな活動を行っています。



●4/18追記:
阪急の10F「うめだスーク 中央街区」の会場は、コンコース側エスカレータ横、
下のマップの矢印の先、赤く示したあたりです。

d0181344_12455580.jpg

[PR]

by ichirographics | 2014-04-17 19:34 | 展覧会

<< 最終日は5時まで 北浜で、渡辺美香子作品展 >>