和のデザイン

d0181344_14104530.jpg

僕のポスター作品も掲載されたデザイン書
「和のデザイン 美しいレイアウトのしくみ」が完成しました、と
出版社から一冊、送っていただきました。

--- 本書は近年制作されてきた美しい和のグラフィックデザイン作品を収集し、
制作者の方々のコメントをもとに解説した資料集です。
          ---「はじめに」より転載

和のデザイン、とはあります。でも、
僕の作品が載っていることからも明らかなように
いわゆるほんとうの和のデザイン、つまり
伝統の世界に綿々と受け継がれてきた昔ながらの意匠や色彩としての
デザイン資料集、ではないことがわかります。

ほんとうの和、という語弊あるいいかたをしましたが
じゃあ、載っているのはまがいモノ?・・・というと全然そうではなくて
ひとつひとつの作品から浮かびあがってくるのは
いま、本当に、生きる「和」の姿。

不変のものとして無菌のガラスケースに保存された和の名品ではなく
時代の空気にさらされ、変化しながらも生き延びる和の姿です。
そのままでは硬直化して、途絶えてしまう伝統に、息を吹き込む。
デザイナーたちの意気込みと、手もとが、見えてきます。

和のテイスト、といっても万能の和風ふりかけのようなものはないので
デザイナーはみんな、伝統と現代のあわいで、必死でもがいていて。
デザインという行為を通して、和の伝統に立ち向かっている。
その中から新しい和のデザインが、生まれていくんだと、思います。
大げさな言い方かもしれないけど。

でもこれは、和、日本、に限らず
どこの国や地域でもおなじだろう、とも思います。


*  *  *  *  *


そんな日本のデザイナー達の取り組みが、ポイントをたてて紹介されて
巻末には伝統色、かさね色目や文様のコンパクトな資料集がついていて、
デザイナーじゃなくても面白いかも。
僕も早速、商学部にかよう娘に一冊、購入しました。

「和のデザイン 美しいレイアウトのしくみ」
グラフィック社編集部・編
2013年7月 グラフィック社発行
B5変型判 並製 総192頁 定価:本体2,500円(税別)


上の写真は、僕の作品が紹介されているページ。
下は、届いて封を開けたときに撮った写真。

d0181344_14124338.jpg

[PR]

by ichirographics | 2013-07-22 14:29 | 伝える

<< 百年の場 アジアの香り >>