東北・仙台再生みらい展

d0181344_1411229.jpg

仙台で被災した専門学校生の思いからはじまった展覧会が
7月18日から一週間の会期ではじまります。

東北電子専門学校のサイトから、開催趣旨を抜き書きします:

「・・・本校の学生も未曾有の大災害を体験し、どんな形でもいいから被災者を助ける力になればとの思いからプロジェクトを立ち上げました。
著名なデザイナーや作家の方たちから『東北』『日本復興』というテーマで作品を募集し、その作品を展示する事で元気な仙台をアピールできればと思います。
この趣旨に賛同して下さった社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員の方たちを筆頭に、プロのデザイナーから沢山の作品が集まりました。・・・」

基本的には学生たちが主体となって活動するというこのプロジェクトに、
僕もグラフィック作品2点で参加させていただきました。
大変な状況のなか、開催までこぎつけた主催者の努力を思います。

会場のエルパーク仙台も震災後の初オープンが18日(海の日)で
開催当日が祝日、これを祝いの日にしたい。とのこと。盛況を祈念します。
お近くのかたは是非、ご来場ください。

なお第二弾は、被災を体験した一般市民に、特に
心のケアが必要とされる体験をした小中学生の方々に作品の応募を
お願いする予定とのことです。


「東北・仙台再生みらい展」
●期 間/2011年7月18日(海の日)~7月24日(日)
●会 場/仙台市エルパーク仙台展示ギャラリー(141ビル)
    http://www.sendai-l.jp/whats/
●主 催/東北電子専門学校「東北・仙台再生みらい展実行委員会」
●後 援/仙台市、NHK仙台放送局、河北新報社、協力:日本赤十字社、
    社団法人 日本グラフィックデザイナー協会

東北・仙台再生みらい展実行委員会 http://www.jc-21.ac.jp/special/mirai.shtml

d0181344_1415699.jpg

[PR]

by ichirographics | 2011-07-16 14:09 | 展覧会

<< 伝統 まんがを買いに >>