「ほっ」と。キャンペーン

Graphis Poster Annual 2012 入選

d0181344_2025834.jpg

米国のグラフィックデザイン誌グラフィスの
GRAPHIS POSTER ANNUAL 2012 に、僕の作品が入選しました。

グラフィス社から通知を、しばらく前にもらっていて、
その後出版用に必要書類を送ったあと、このブログの右欄に
Graphisサイトへのリンク情報はつけたのですが、
記事としては書くのは初めてです。

書くタイミングが少しずれたのは、
グラフィス・ポスターに入選… とじつはちょっと
正直ぼうっとしてしまい、そのまま目の前に迫る仕事に没頭して
あっというまに、けっこう日が過ぎた今ごろ、
うれしい実感が、じわっとやってきてるようなことです。

選ばれ、掲載が決まったのは、
「京懐石 和光菴」のためのポスター。

自然素材をつかった日本料理の良さに、気付いてもらいたい…
ひたすらそのことを念頭に制作しました。

日本料理を味わうことは、
旬(=自然)と伝統技術(=文化)をたのしむこと。
コンセプトロゴのnature-cultureをキーワードに、
「自然、文化、ともにあるよろこび」を
四天王寺前夕陽ヶ丘の和光菴から、伝えます。



現在のGraphisサイトでは、POSTER ANNUAL 2012にかんしては
LIVE JUDGING と表示されていて、それがどういう段階なのか
先方のシステムがちょっと分からないのですが、そのおかげで
同時に応募した、僕の他の2作品もまだ、見れる状態になっています。

ひとつはワルシャワ国際ポスタービエンナーレの特別カテゴリー
“Chopin Anew”のために制作(入選も)した、
フレデリック・ショパンのポスター“Music is hope.”、

もうひとつは世界中で年々、日々、消滅していく言語があることに
衝撃を受けて制作した、“Language Extinction”。


Public Viewing ということで今のところ公開されているページ。
他の世界のデザイナーたちの膨大な作品も見ていると、面白くて
あっという間に時が経ちます。
僕の作品は、カテゴリーは異なるのですが、
エントラントの名前でソートしたページで
Ichiro Watanabe Graphics 作品として
3つ一緒に見れますので、そのページへのリンクを、下に記します。
よかったらご覧ください。

GRAPHIS POSTER ANNUAL 2012 LIVE JUDGINGページ
・・・・・

肝心の、グラフィス・ポスター2012の実際の本ですが、
いつ刊行されるのか、案内はまだ来ていません。

作品がどう、掲載されるんだろう…。どきどき。
[PR]

by ichirographics | 2011-06-20 20:06 | 伝える

<< おじいちゃんの映画、叔父叔母の映画 2冊の本 >>