つながっていく美術展

d0181344_16312477.jpg

展覧会情報がこのところ、続きます。その、今年の最後。

12月3日(金)~15日(水)、
大阪府堺市のギャラリーいろはに で開催される
「アートブリッジ/バークレー美術家交流展」に参加します。

*

「或るグラフィック展」に作ったグラフィックを、
デジタル版画にしようと作業していたところに居合わせ、
試し刷りを見て美術展への出品の声をかけてくれたのが
(社)国際アートブリッジに所属する日本画家のかたでした。

ことし改称、社団法人になった、その国際アートブリッジは、
前身の堺市国際交流美術家連盟として12年余り、
美術家間の国際交流を続けてこられた団体です。

油絵、水彩画、日本画、写真、立体では彫刻、陶芸、など
参加作家が活躍されているのはさまざまなジャンル。
色鉛筆画の妻も、会員のひとりです。
堺市の姉妹都市であるカリフォルニア州バークレーを本拠とする
米国の美術家達が今回、作品参加されます。

だそうです。僕はまだよく知らないので
どんな展覧会になるのかな、楽しみにしています。

ことしは初めてのことばかりで、
今回グラフィックデザイン以外の世界の美術展ですが
あまりそういうジャンルを考えず、中途半端な行き方にならないよう
しっかり初体験しようと思います。

*

今回出品するのは「或るグラフィック展」に出品した
僕のnature/cultureシリーズの「道」と「花」の2点。
そのピエゾグラフ版画ヴァージョンです。

このnature/cultureはもともと、「或るグラフィック展」のきっかけとなった
JAGDAイントラネット内の「JAGDA Illustration Exhibition on the web」
のための作品づくりで浮かんだコンセプト。
それは「或るグラフィック展」のための作品として展示され
また、このコンセプトは、京懐石「和光菴」のポスターとしても実際の形になり
(それはちょうど今週BODY WORK展に出品)
今回はデジタル版画、と、メディアはちがってもアイデアの核のところが
このところ、つながっています。

*

もしご興味があれば、もしお近くに来られたら、ぜひ、お立ち寄りください。

ギャラリーいろはにのある山之口商店街は、いわゆる旧堺市内(中世、
自治都市として栄えた時代、周囲に濠をめぐらせた、その内側の市街。
ちなみに現在、濠の西側は阪神高速で埋め立てられています。)にあって
商店街は正直いま寂しいのですが、
周辺には刃物、線香など伝統のお店、老舗の和菓子店なんかがあって、そうそう
チンチン電車も乗れますし、地図であらかじめ下調べして来られると
良い散策になりますよ。
僕は妻と、まず初日の3日(金)にギャラリーに行く予定です。

・・・・・・・・・・

「アートブリッジ/バークレー美術家交流展」
12月3日(金)~15日(水)
11:00~18:00(最終日17:00迄) 木曜休廊

[会場]ギャラリーいろはに
〒590-0953 堺市堺区甲斐町東1丁目2-29
TEL072-232-1682
http://www.tcn.zaq.ne.jp/art/irohani/

d0181344_16315942.jpg

[PR]

by ichirographics | 2010-12-01 16:36 | つながる

<< ルーヴルの陰影 見て楽しむ、描いて愉しむ色鉛筆画展 >>